民主党WebSite
民主党山梨県総支部連合会
メニュー
トップページ
新着情報
 
バックナンバー  
県連役員・議員紹介
民主党政策・運営
 
国政選挙候補嵐  
掲示板
党員・会員募集
お問い合わせ
リンク

■新着情報■

全 42 件 [ ]

ページ 1 (1〜42)
2013年12月27日

年末街頭宣伝活動に大きな反響・声援・・・

 

県連は平成25年も残り5日となった27日、街頭宣伝カーによる街頭宣伝活動を実施、民主党に対するこの1年間の支援に感謝の意を表し、今日の政治状況について、安倍巨大与党政権の誕生により「右傾化」「数の論理を背景とした横暴」が当初より懸念されていたが、今、まさに特定秘密保護法案における国民の反対との多くの世論に耳をかさず、強行採決・強行可決が行われ、懸念が現実のものになった点、これに続く「共謀罪」「国防軍創設」など、秘密保護と併せ、戦前・戦中の強権政治の復活を許してはならないとの立場で訴えを行なった。又、税制改革大綱についても「逆進性対策」は先送り、自動車の実質増税など取りやすい所から取るやり方を批判、民主党は中低所得者対策への対応を進めるとともに、民主党が取り組んできた「自動車取得税の廃止」「重量税の軽減・見直し」「グリーン化」の推進を訴えた。
この日の街頭宣伝活動で、11月25日以降取り組んで来た「地域宣伝活動」の年内の活動を終了した。
尚、新年も新春街頭宣伝活動を予定している。
街頭宣伝活動で多くの声援・激励を頂きました。ありがとうございました。

2013年12月16日

常任幹事会で坂口岳洋氏の復党を承認

 

県連は12月14日甲府市「労農福祉センター」で第43回常任幹事会を開催、明年から2015年統一自治体選挙に向けた候補者擁立計画の策定(党本部要請)を1月の常任幹事会までに4役を中心に原案を作成、常任幹事会に提案し、確認・承認のもと1月20日(報告期限)までに党本部へ報告する事とした。
又、2月8日9日の両日福島県郡山で行なわれる「党本部定期大会」に所属国会議員以外に県連代議員2名とオブザーバーとして青年代表1名、女性代表1名を派遣する事を確認、人選は日程調整のもと幹事長に一任とした。
参議院候補として幅広い勢力の結集を目指し離党して戦いに臨んだ坂口岳洋前衆議院議員の復党については、幹事会に先駆けて開催された「やまなし県民平和連合・役員会」での坂口氏の民主党への復党の了解が得られた事から、議題として取り上げられ、次期衆院選に向けては組織的対応等がある事を踏まえ、まずは復党を承認する事について確認・決定された。
尚、政治団体「やまなし県民平和連合」は12月14日を解散日として16日に県選挙管理委員会へ解散届を提出、解散する事が決定された。

2013年12月7日

秘密保護法案強行可決に街宣活動で批判の訴え

 

県連は、特定秘密保護法案が何ら具体的な内容が明らかにされない中での、政府の議席の数を背景とした国会運営、横暴な対応を批判し、11月25日より街頭宣伝活動を行い、国民の知る権利、報道の自由を守り、政府与党の数の横暴を許さないとの訴えを行なって来たが、6日深夜の参議院での強行採決・法案可決を受け、7日朝より宣伝カーによる街頭宣伝活動を行い、国民の政府・国への政策への反対を許さない、戦前・戦中の様な強権政治の復活、国防軍創設など再び軍国主義へ道を開く政府自民党の政権運営を批判し、国民の知る権利・報道の自由・国民の基本的人権を守るための訴えを行なった。
県下全域を回る事は出来なかったが、先々で驚くほどの反応が見られ、激励の声援を頂いた。平和な国「日本」を守る為、民主党が野党第一党としてしっかりした対応を行い県民・国民と地域連携の中で頑張らなければとの思いを強くした。

2013年11月25日

「秘密保護法案反対」で街頭宣伝活動を実施

 

衆議院の国家安全保障特別委員会で「特定秘密保護法案」が審議され、与党は今週には衆議院を通過させる構えです。この法案は誰がどのような情報をどのように管理するのかあいまいで「国民の知る権利」「報道の自由」が制限される可能性が高く、民主党はこのような状況を踏まえ、守るべき情報をはっきり限定し、誰がどんな情報を管理するのか、又、国会の関与を明確にするための「対案5法案」を提出しました。一方で、今日の状況を広く国民に知ってもらうため、全国で23日から25日に「街頭宣伝活動」で訴えを行う事とし、山梨ではこれを受け、25日に県連街頭宣伝カーで甲府市内、昭和町、中央市、笛吹市を回り、行政情報のブラックボックス化法案の問題、状況やみんなの党・日本維新の会との修正合意の欠陥を訴え、民主党は国民の権利と報道の自由、秘密保護の両面で守るべきはしっかり守る立場での取り組みをアピール、権力者に都合の良い乱暴なルール作りの「秘密保護法案」には絶対反対の立場を訴えた。

2013年11月20日

民主党山梨衆議院第1区総支部を届出

 

山梨県連は、先の県連常任幹事会を経て党本部へ衆議院第1総支部(総支部長=後藤斎衆議院議員)の総支部設立申請を行っていたが、11月19日の党本部常任幹事会で承認され、これを受けて11月20日、山梨県選挙管理委員会へ届出を行った。
衆議院選挙区の0増5減に伴い、山梨選挙区が新1区・新2区となる事を受けたもので、組織年月日は11月19日、現衆議院第3区総支部の政治団体届けを名称変更(異動届)で規約変更・活動区域変更とともに提出した。

2013年10月12日

第41回常任幹事会で次期衆院選に向け諸確認

 

次期衆院選に向けた党本部対応を見極めるために常任幹事会の開催を延ばしていたが、一定の状況が見えて来た事から2ヶ月ぶりの常任幹事会の開催となった。
議事では、次期衆院選の候補者内定に向けた動向、現状が報告され確認された。これを受け選挙区が1減となる山梨選挙区の新1区(現3区に甲府市等を加える)と新2区(現2区に山梨市・甲州市等を加える)への県連としての対応を協議。3区総支部長の後藤ひとし衆議院議員は新選挙区となる甲府市などで組織体制の確立に向けた取り組みを進めることを確認した。新2区については党本部の候補者内定に向けた対応指示を待つ事となるが環境整備に向けた対応を進めることとした。

2013年8月11日

第40回常任幹事会で参院選を総括

 

県連は10日夜、甲府市内で第40回常任幹事会を開催、今参院戦の総括を行った。
示された(案)に対し出席者からは、公認で戦うべきではなかったか、地域組織体制の構築のあり方、無所属での戦いの難しさ・・・など厳しい意見が出され、結果として自民党候補を利する事となった「選挙区選挙」、民主党への不信感を克服できず昨年末の衆院選の得票すら大幅に減らした「比例代表選挙」について、それぞれ経過の確認と反省・課題を集約。現在党本部が選挙総括に向け各県の選挙総括を19日までに求められている事から、提出された(案)を出席者の意見を反映させ修正を行い「山梨県連・選挙総括」として本部送付を行う事とした。
尚、党本部は各県の選挙総括を集約し22日の全国幹事長・選挙責任者会議で「総括」に向けた協議・意見交換を行う。

2013年7月30日

県民平和連合が参院選総括

 

やまなし県民平和連合・総括会議(坂口たけひろ第5回総合選対会議)が30日夜、甲府市内で開催され、今参院選の「坂口たけひろ選挙のまとめ」として総括を行った。
会議は、飯島選対幹事長(県連幹事長)の進行・開会あいさつ、山口選対本部長(県民平和連合代表)あいさつ、後藤衆議院議員、山田社民党代表、神宮寺連合山梨会長のあいさつの後、坂口たけひろより支援を頂いた多くの皆様への感謝とお詫び、今後に向けた決意が延べられた。選挙総括では はじめに 1.主要経過の報告 2.山梨選挙区開票結果 3.評価・反省・課題 むすびに として提案され、評価・反省・課題では@厳しい状況のなか追い上げ届かず。A出遅れ挽回できず。B非自民勢力の結集今一歩。C明確な争点提示が出来たか。D出口調査より。についてそれぞれ厳しく総括され、次への戦いに向けた結束⇒行動⇒信頼を呼びかけ結びとした。

2013年7月22日

坂口たけひろ議席にとどかず。ご支援に感謝。

 

昨夜開票された第23回参議院議員選挙、幅広い結集を目指しての「やまなし県民平和連合」として擁立した「坂口たけひろ」は4月27日のメーデーで決意表明、5月7日に立候補表明を行い、以降、精力的な活動を展開、社民党の推薦や平和団体の支援を受け選挙戦に臨みましたが、2か月半という短期決戦で多くの県民の皆様にご支援を頂きましたが残念ながら議席獲得には届きませんでした。頂きましたご支援に感謝申し上げますとともに、私たちの力不足をお詫び申し上げます。今回の結果を受けて、安倍政権の暴走が心配ですが、地道な活動を積み重ね、国民の生活を守る立場でこれからも頑張ります。

2013年7月20日

投票日はネットによる選挙運動は出来ません=ご注意を

 

今回の参院選からネット選挙が解禁となりました、これまでメールやSNSを使った選挙運動を行って来ましたが、投票日はネット選挙は解禁されておりません。ネットを使っての選挙運動は公職選挙法に抵触します。ご注意下さい。

2013年7月20日

最終日の坂口たけひろの予定

 

いよいよ選挙戦も残すところ1日、坂口たけひろ選挙対策本部は最終日の行動を県内15カ所のショッピングセンター等に集中させ最後の訴えをさせて頂きます。移動途中は本人の声で最後のお願いを予定。
午前8時〜 事務所前にて最終日出発式・演説会
8時30分〜甲府市内・北上条自治会館前
8時45分〜甲府市内・石田地区「とりすみ」前
9時05分〜甲府市飯田・山梨県立大学入り口前
9時30分〜イッツモア徳行店前
10時30分〜響きが丘ショッピングセンター前
11時10分〜韮崎駅前ライフガーデン前
11時50分〜トライアル櫛形店前(巨摩高校・北)
12時30分〜昭和町・イトーヨーカドー前
13時40分〜イオンモール甲府昭和店前
14時10分〜オギノ・リバーサイド前(アピタ前・側道)
14時35分〜オギノ国母店前
・・・・甲府市内遊説〜
15時25分〜アマノパークス甲府店(城東)
16時20分〜イチヤママート塩山店前
16時55分〜オギノ山梨店前
17時30分〜イチヤママート一宮店前(バイパス側道)
18時00分〜JR石和温泉駅前
18時30分〜JA富士見農協駐車場
・・・・地元・笛吹市内遊説〜
19時45分〜選挙事務所前にて打ち上げ式

2013年7月17日

本日は民主党代表代行の大畠章宏氏が来県

 

本日17日(水)午後7時より北杜市・長坂コミュニティホールで行われる坂口たけひろ個人演説会に大畠章宏代表代行が応援弁士として出席します。今、安倍政権の暴走に歯止めを掛けるために、ぜひご来場頂き、大畠代表代行の訴えと坂口たけひろへの支援のお願いをお聞き下さい。

2013年7月13日

14日に長妻昭氏、15日は安住淳氏が個人演説会に来県します

 

坂口たけひろ候補の応援に長妻・安住両氏が来県します。
長妻昭氏=7月14日(日)午後7時〜 笛吹市「石和スコレーセンター」個人演説会
安住淳氏=7月15日(月)午後7時〜 富士吉田市民会館・個人演説会

2013年7月12日

明日の個人演説会に齋藤つよし氏が来県

 

7月13日(土)午後7時〜 甲府市総合市民会館で行われる坂口たけひろ個人演説会に前内閣官房副長官の齋藤つよし氏が応援弁士として来県されます。あの「齋藤つよし」さんの坂口たけひろへの応援、みなさまへの訴えを是非お聞き下さい。

2013年7月8日

本日の坂口たけひろ個人演説会に「菊田まきこ」さんが応援弁士として来県されます

 

7月8日(月)午後7時より山梨市・山梨ゆめワークで行われる坂口たけひろ個人演説会に民主党女性委員長の「菊田まきこ」さんが駆け付けて下さる事となりました。
菊田まきこさんは新潟4区選出の衆議院議員で「明日の安心・子どもたちの未来のために」をキャッチフレーズに活動を展開しています。
今回、坂口たけひろの必勝に向け皆様に訴えるため来県されます。会場の山梨市・山梨ゆめワークのお近くの方は、ぜひご近所お誘いを頂きご来場をお願い申し上げます。

2013年7月5日

坂口候補の応援に細野豪志幹事長が来県

 

選挙戦2日目の5日、民主党細野豪志幹事長が坂口たけひろ候補の応援に来県、坂口候補の遊説コースに合わせ午後3時すぎより昭和町の「イオン甲府昭和店」前で遊説隊と合流、坂口候補の実績と人柄を挙げ、必勝が訴えられた。

2013年7月5日

今後の個人演説会の予定について

 

坂口たけひろ個人演説会のご案内
7月6日(土)午後7時〜 韮崎市文化ホール
7月7日(日)※七夕特別行動=個人演説会は行いません
7月8日(月)午後7時〜 山梨ゆめワーク(山梨市民会館)
7月9日(火)午後7時〜 甲府市南部市民センター
7月10日(水)午後7時〜 大月市民会館
7月12日(金)午後7時30分〜 南アルプス市・若草生涯学習センター
7月13日(土)午後7時〜 甲府市総合市民会館
7月14日(日)午後7時〜 石和スコレーセンター(笛吹市)
7月15日(月)午後7時〜 富士吉田市民会館
7月16日(火)午後7時〜 竜王北部公民館(甲斐市)
7月17日(水)午後7時〜 北杜市役所・ながさかコミュニティホール
7月18日(木)午後7時〜 中央市・玉穂総合会館
7月19日(金)午後7時〜 富士川町・ますほ文化ホール
7月20日(土)※最終日の行動予定は別途報告させて頂きます

2013年7月4日

明日7月5日は「JA西八代・本店」で個人演説会を開催します

 

坂口たけひろ候補は7月5日(金)午後7時より「JA西八代・本店」において個人演説会を開催します。お近くの皆様には是非ご来場いただき、坂口たけひろの訴えをお聞き頂きたくご案内申し上げます。
いのち・くらし・平和をまもり、安心して暮らせる平和な未来へ、皆様のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

2013年7月4日

民主党宣伝カーも総務省表示板を付け県内遊説に出発

 

名簿届出政党「民主党」としての参院選対応もスタート、事務所を甲府市相生の民主党県連に設置し、県・市選挙管理委員会への設置届を行い、午後、東京より届けられた総務省の表示板を取り付けた後、早速、県内街頭宣伝活動をスタートさせた。

2013年7月4日

坂口たけひろ多くの支援者に見送られ「出陣」

 

選挙戦本番を迎え、坂口たけひろ候補は午前9時30分より事務所前で出陣式を行い、会場に用意した椅子に座りきれない程の多くの支援者の劇連を背に10時30分県内遊説に出発した。尚、初日は甲府市内全域を流し遊説で訴えを行い、夜は県労農福祉センターで女性集会を個人演説会として行った。

2013年7月3日

坂口たけひろ必勝出陣式のご案内

 

第23回参議院議員選挙は明日7月4日告示で選挙戦本番を迎えますが、民主党推薦の坂口たけひろは7月4日9時30分より甲府市西高橋町194−1(甲府バイパス蓬沢交差点・東、ヤマダ電気様向い)の事務所前で出陣式を行います。多数の皆様のご来場をお願い申し上げます。尚、駐車場は会場周辺にスタッフを配置しご案内させていただきます。

2013年6月21日

坂口たけひろ必勝総決起集会に1000名

 

6月21日午後6時30分より昭和町アピオ本館・吉兆の間において、やまなし県民平和連合と民主党山梨の合同演説会が「坂口たけひろ必勝総決起集会」として開催され、約1000名の支援者の出席を得た。又、集会は元北海道知事、前衆議院議長の横路孝弘の特別講演も行われ、「憲法と私たちの暮らし〜そして・・・参院選!」について熱く語られ、坂口たけひろの必勝を訴えられた。

2013年5月29日

連合山梨の政策意見交換会を開催

 

県への政策提言の回答を受けて毎年行われている連合山梨と民主党との政策意見交換会が今回は県議団を中心に参加、県連からは政府が進めている産業競争力強化会議で議論がされている、働く者をお金を払えば解雇できる「解雇の金銭解決制度」の問題点などが提起された。

2013年5月17日

坂口たけひろ選挙対策本部・開所式が行われる

 

やまなし県民平和連合として来る参議院議員選挙に向けた、民主党が推薦する坂口たけひろの選挙対策本部の発足式と事務所開きが行われ、7月4日告示21日投票に向けた戦う拠点が確保され、総合選挙対策本部会議も開催され、必勝に向けた取り組みの意思統一も行われた。

2013年5月11日

全国自治体議員フォーラム研修会に9名が参加

 

5月9日10日の両日、東京「ホテルニューオータニ」で開催された平成25年度自治体議員フォーラム全国総会・研修会に山梨より9名の議員が参加、懇親会で全国の議員仲間との交流を深めました。研修会は、初日の全体講演@は「民主政治の危機をどう凌ぐか」と題し山口二郎北海道大学大学院教授が、Aは「民主党の参議院選挙対策について」桜井充政策調査会長より、2日目の全体講演Bは「民主党の改革創生への取り組み」を細野豪志幹事長が、Cは「グローバル時代の浦島太郎」と題し浜矩子同志社大学大学院教授が講演した。

2013年5月3日

憲法記念日に街頭宣伝活動で平和を訴え

 

民主党県連は5月3日憲法記念日に県議団によりショッピングセンター前や小瀬スポーツ公園周辺をはじめ甲府市内を中心とした街頭宣伝活動を実施、第2次世界大戦で日本人310万人の尊い命が奪われ、この戦争の深い反省から再び戦争はしないとの原点に立ち、安倍政権が掲げる憲法96条の改正をスタートとした憲法9条の改正、国防軍創設を目指す、政府方針を批判、「平和」を訴えた。

2013年5月2日

幅広い結集による「やまなし県民平和連合」の発足・記者会見が行われる。

 

参院選に向けた、幅広い勢力の結集に向けた組織作りを進めていた「発足準備会」はこれまでの準備会議の経過を踏まえ、5月2日(木)甲府市内において「やまなし県民平和連合」としての発足準備会を開催、代表に山口昭夫氏(会社役員)、代表代行に澤登拓氏(会社役員)をはじめとした役員構成を確認、会議の中で参院選に坂口たけひろ氏を先頭に取り組む事を確認し、午後1時45分より記者会見を行い、組織の設立趣旨・役員体制を報告するとともに、坂口たけひろ氏の必勝に向け取り組む事を報告、坂口たけひろ氏より、戦う決意が述べられた。
尚、民主党山梨も構成組織の一員として参画、他の構成組織との連携のもと、必勝を期し取り組みを展開する。

2013年4月27日

坂口氏連合メーデーで参院選出馬の決意を述べる

 

4月27日(土)甲府・舞鶴城公園で開催された連合山梨第84回メーデーの会場において連合山梨の推薦決定を受けて、民主党が要請している「坂口たけひろ氏」が壇上で自らの決意を披歴、安倍内閣の横暴に歯止めをかけるため身を賭して参院選に臨むと述べた。
尚、民主党県連はメーデー会場入り口で午前9時より広報宣伝活動を行い、「今、労働法制があぶない」と題し、お金を払えば働く者を解雇出来る制度を作ろうとしている政府の動き、安倍総理をトップとした産業競争力会議の働く者の代表がいない、大企業ベースの政策立案を阻止する必要性を訴えた。

2013年4月15日

民主党広報版の掲出場所をご紹介下さい(1区エリアを中心に2000枚を用意、皆様のご協力を!

 

 現在山梨衆議院1区エリアには輿石東の「民主党掲示板」しかありません。
 県連は民主党再生に向けた取り組みで「広報版」が必要不可欠との立場で、今般、新たに2.000枚を購入致しました。
 常任幹事会では役員・自治体議員をはじめ、広く党員・サポーターの皆様にご協力をお願いし、広報版の掲出・設置できる場所の紹介活動を行う事としました。
 皆様よりご紹介を頂いた場所へ役員・総支部スッタッフ・ご協力を頂ける支援者の応援により掲出作業を行う予定です。何卒多くの皆様よりご紹介頂きたくお願い申しあげます。

◎紹介活動の取り組み期間

早期対応の為、5月8日途で取り組みます。

2013

2013年度党員・サポーターを募集中(厳しい時こそ皆様のご理解・ご協力を)

 

 民主党は今、全国で2013年度党員・サポーター募集の取り組みを行っております。
 今、民主党を取り巻く環境には厳しいものがありますが、民主党再生に向け皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

党員党費=年   6000円(プレス民主購買料含)
サポーター会費= 2000円

集約期日=    5月15日

【山梨県内の対応窓口】

◎衆議院2区総支部=TEL 055-298-6733
  笛吹市石和町四日市場1787-4F

◎衆議院3区総支部=TEL 055-268-5510
  中巨摩郡昭和町河東中島720-3

◎参議院第1総支部=TEL 055-224-5414
  甲府市丸の内3-9-7

※民主党県連=TEL 055-228-4450
  甲府市相生1-1-21

※これまで衆議院第1区総支部及び参議院第2で登録を頂いた皆様は現在県連直轄として扱わせて頂いておりますので、民主党山梨県連までお願い致します。


 

2013年4月15日

参院選・坂口岳洋氏を擁立!

 

 山梨県連は4月13日(土)午後3時より甲府・労農福祉センターで第36回常任幹事会を開催、来る第23回参議院議員選挙に前衆議院議員坂口岳洋2区総支部長の擁立を確認・決定し、党本部に候補者申請を行う事とした。
 当日は会議に先立ち第6回国政対策委員会(通算7回)を開催し候補者公募以降の面談経過や本人対応が報告され、最終的に坂口氏が最も適任であり、進退を委ねるとの事から候補者として確認、常任幹事会へ報告提案された。
 常任幹事会では本人の意向も尊重する中で、幅広い勢力の結集を目指す事から「公認・推薦」を最終決定せず、党本部に参院選候補者として申請を行う事を決定、週明けの15日(月)に後藤斎県連代表が党本部選挙対策委員会に関係書類を提出した。

2013年4月2日

全国政策担当者WEB会議(第4回)が行われる

 

これまで年2回程度東京で開催されていた「全国政策担当者会議」がWEBを通じて全国から集まらずに、党本部と各県連を結び3月4日(第1回)より行われている。
毎週月曜日午後5時から7時を基本に行う事とされており、4月1日(第4回)は医療・介護をテーマに開催され、党本部からは桜井政調会長、郡副会長・柚木副会長が出席、「安心の医療・介護=5つのポイント」を基に、医療崩壊を食い止め地域医療立て直し、後期高齢者医療制度の運用改善、ワクチン公費助成・予防接種制度の更なる拡大など説明、質疑応答が行われた。尚、予定していた「介護」については時間が無くなり改めて設定実施する事となった。
山梨県連は県連3階会議室にパソコン・会議カメラ&マイク・プロジェクターを設置しWEB会議に参加している。
これまでのWEB会議テーマ
第1回(3月4日)平成24年度補正予算・平成25年度予算について
第2回(3月18日)農業戸別所得補償政策について
第3回(3月25日)中小企業対策について
第4回(4月1日)医療・介護について…介護は時間が無く別途実施となる
今後の実施予定・テーマ
第5回(4月8日)子ども・子育て・教育について&生活保護基準引き下げの影響
第6回(4月15日)交通基本政策について
第7回(4月22日)労働法制について

2013年4月1日

党改革創生本部「全国行脚」山梨で意見交換会

 

党改革創生本部による全国行脚の意見交換会が3月31日甲府市内において党本部より大畠章宏代表代行が出席し行われた。
意見交換会は2部構成で行われ、1部は山梨県連との意見交換会で、県連4役と自治体議員、一般党員15名が出席、大畠代表代行よりこれまでの党運営への反省を踏まえた政策決定のシステムなど党規約改正の経過や今後の自治体議員との連携などの課題、参院選を展望した改革方針の策定に向けた対応などのあいさつの後、意見交換が行われ、出席者全員から厳しい意見・反省点や注文が出され、それぞれの意見に対し代表代行より個々にコメントがされ、参院選には新しい「旗印」を掲げたい等の見解が示された。
第2部は連合山梨との意見交換会で、連合山梨に加盟する産別代表13名が出席し党本部への意見・注文が全出席者から述べられ、代表代行より個々コメントが出され、予定時間を大幅に超え、熱心な意見交換が行われた。

2013年3月16日

第14回県連大会を開催、新代表に後藤斎衆議院議員

 

県連は3月16日甲府「ホテル談露館」で第14回定期大会を開催、県内首長・各種団体代表・自治体議員の来賓28名、党員・サポーター108名(2時開会現在)が出席した。
大会は長沼達彦甲府市議会議員が司会を務め、樋口雄一県連代表、民主党本部を代表し輿石東参議院議員会長があいさつ、先の衆院選1区で出馬を願った齋藤つよし氏も駆け付けた。又、本部・海江田万里代表のビデオメッセージも紹介された。
議事では、鮫田洋平富士川町議会議員を議長に選出、2012年度経過報告・衆院選総括、決算報告、2013年度活動方針、予算案が質疑の後、満場一致少年された。
尚、その他議案で、樋口県連代表より昨年大会での後藤斎代表が内閣府副大臣として党役員を兼任しないとの事による代表交代の経過を踏まえ、来る第23回参議院議員選挙に国会議員を先頭に戦いに臨みたいとの提案が行われ、常任幹事会の提案を受け、後藤斎衆議院議員を新代表に選出、参院選必勝に向けた「大会アピール」を採択、閉会した。

2013年3月9日

第34回常任幹事会で候補者選考に向けた今後の対応を確認

 

前段に開催された第5回国政選挙対策委員会の協議を受け、第34回常任幹事会を甲府市相生の労農福祉センターで開催、2月9日の常任幹事会の確認・決定により取り組まれた「候補者公募」の経過報告が行われ、12名の応募者についての対応、9名への絞り込み状況、更に絞り込んだ、40代男性と32才〜40才の女性3名の4名についての面談状況を踏まえ3月16日の県連大会に向け対応を急ぐ事とした。又、県連大会の運営等についても常任幹事会として確認、大会の成功を期す事とした。

2013年2月28日

青年女性委員会が交流懇親会を開催

 

青年女性委員会(委員長・望月利樹県議)の企画により、地元山梨でオールロケが行われた映画「ナイトピープル」を鑑賞した後、会場を近くの居酒屋に移し自己紹介・映画の感想を述べ合うとともに、今後の青年女性活動の進め方など意見交換を行った。当日は平日でもあり仕事の都合などで参加できなかった人も多かったが、これまでの取り組みに積極的に関わってきた青年・女性14名が参加、坂口たけひろ前衆議院議員(前・青年女性局長)は映画鑑賞には間に合わなかったものの、交流懇親会には参加、意見を交わした。

2013年2月22日

候補者公募に12名

 

県連が参議院議員選挙の候補者について2月12日より行っていた「公募」は21日締め切られ、12名(男性9名・女性3名)より応募書類が寄せられた。
選考にあたる国政選挙対策委員会は22日の第3回委員会で応募書類を確認、3月2日の次回選対委員会までに個々に意思確認を行い審議を行う事とした。

2013年2月9日

2013年第14回県連大会を告示

 

9日開催された第33回常任幹事会において第14回県連定期大会の日程を決定、告示した。
日時:2013年3月16日(土)午後2時〜
会場:甲府市丸の内「ホテル談露館」1階・アンバー
大会案内は党員・サポーターに2月下旬に案内と出欠確認用はがきを送付、3月9日までにポストへ投函をしてもらう事とした。

2013年2月9日

参議院選「候補者公募」を決定

 

9日開催された第33回常任幹事会で、本年7月の第23回参議院議員選挙に向け広く公募を行う事を決定、「公募要項」の確認・決定を行った。
2回の国政選挙対策委員会の議論を踏まえ、これまで名前が挙がった方々も含め、広く県民の皆様を対象に公募を行う。尚、自薦・他薦を問わず、12日〜21日まで10日間募集を行い、22日に第3回国政選挙対策委員会で第1次となる書類審査を実施、書類審査を通過した方との面談審査(第2次)で絞り込みを行う。
具体的な「公募要項」「提出書類等」はホームページ・トップより取得を。又、県連及び民主党総支部(衆議院2区・坂口岳洋、衆院3区・後藤斎、参院第1・輿石東)にも公募書類が用意してあります。

2013年2月2日

国政選挙対策委員会で「参院選候補・公募」など方向性を示す

 

2013年第1回となる国政選挙対策委員会は、2月2日県連3階会議室で開催され、来る第23回参議院議員選挙の候補者擁立への具体策、これまでの経過、候補者公募について協議を行い、巾広く候補者を発掘するため「公募」を行う事を確認、2月9日の第2回国政対策委員会で「公募要綱」を決定し、同日の常任幹事会でオープンにする予定。

2013年1月26日

常任幹事会で処分を決定、参院選対応を協議。県連大会は3月に延期

 

16日開催された第32回常任幹事会は、倫理委員会の審査結果の報告を受け、先の所属3市議の「除籍(除名)処分」を最終決定、本人に組織的手続を踏まえ「処分通知」を送付する事とした。又、会議では第23回参議院議員選挙の対応について、候補者擁立を含め、早急に「国政選挙対策委員会」を開催する事とした。
尚、2月23日に予定の第14回県連大会は、党本部大会が1ヶ月遅れの2月24日となった事から、3月に延期する事を確認、次期常任幹事会までに会場確保を行い「大会告示」を行う事とした。

2013年1月17日

県連倫理委員会で3市議の除籍処分を審査

 

11月23日の常任幹事会において、小沢鋭仁氏に追従、他党の選対役員を務める県連所属の3名の自治体議員党員の処分で「除籍(除名)処分相当」との結論が出され、組織的手続で衆院選後の「倫理委員会」に付託となっていたもので、倫理委員の審査により、丸山・石原・名執の3市議の行動は反党行為と言える、あるいはそれ以上の大きな影響を与えた行為であり常任幹事会が示した「除籍(除名)処分」は妥当である。との結論で、次期常任幹事会に審査結果を報告する事とした

 

全42件 | ページ間移動→[ ]

MiniBBS-EX 1.30
Copyright c 2001-2004 The Democratic Party of Japan All Rights Reserved.
民主党山梨県総支部連合会
甲府市相生1-1-21
TEL 055-228-4450 FAX 055-228-4039