民主党WebSite
民主党WebSite

■2007年バックナンバー

全 33 件 [ ]

ページ 1 (1〜33)
2007/12/27 (木)

来年度予算編成に向け知事に政策提言を実施

 

12月26日午後3時より、民主党山梨県連と県議会会派・フォーラム政新による山梨県の来年度予算編成に向けた政策提言を横内知事に行った。
当日は小沢代表は東京日程があり、党からは県連代表代行・竹越久高、副代表・金丸直道、幹事長・樋口雄一が会派の仲間とともに出席、県政課題に対する48項目に及ぶ提言書を手渡した。
尚、一党一派に偏らない県政の推進を求めると共に、全国の知事で党籍を持つのは例が無い事から、県民の代表としての立場での対応を求めた。

2007/12/14 (金)

1月12日第71回幹事会を開催します。

 

民主党山梨県連「第71回幹事会」
と き:2008年1月12日(土)午後2時〜
ところ:甲府・リバース和戸
 議題・解散総選挙に向けて
   ・県連大会の開催に向けて
   ・その他

2007/12/14 (金)

民主党山梨「新春街頭宣伝・演説会」を実施します

 

県連所属国会議員を中心に、街頭演説会を実施。
所属自治体議員及び県連幹事による「民主・山梨版(号外)」の配布を行います。
と き:2008年1月4日(金曜日)午前7時30分〜8時30分
ところ:甲府駅南口
終了後、広報宣伝局による甲府市・笛吹市・甲斐市の流し街頭宣伝活動を実施予定。

2007/12/14 (金)

民主党山梨第9回大会日程決まる

 

2008年民主党山梨第9回大会
 と き : 2008年2月16日(土曜日)午後2時〜
 ところ : 甲府市・岡島ローヤル会館 8階

2007/12/14 (金)

輿石東「国政報告会」等の時間変更のお知らせ

 

先にお知らせしました、参議院議員輿石東・代表代行就任記念国政報告会等の開始時間が変更となりました。

2007年12月16日(日曜日)会場=アピオ甲府・・・変更はありません!!

東明会総会 13:40〜14:10 受付開始=13:20〜

国政報告会 14:30〜16:00 受付開始=14:10〜

代表代行就任を祝う会 16:30〜18:00 タワー館 会費=3,000円 

2007/11/18

12/20 「米長はるのぶ・国政報告会」開催のご案内

 

日時 2007年12月20日(木)午後6時30分より
会場 甲府駅北口「ベルクラシック甲府」
会費 3,000円

連絡先 米長はるのぶ甲府事務所 055−228−7890

2007/11/18

12/16 輿石東 民主党代表代行就任記念「国政報告会」のご案内

 

日時 2007年12月16日(日)15:30〜受付 16:10〜国政報告会 ※18:00〜懇親会
会場 昭和町西条「アピオ甲府」

ゲスト 小沢一郎民主党代表が出席予定

国政報告会終了後、タワー館にて「代表代行就任を祝う会」会費3,000円を開催します。

問合せ先 輿石東とともに明日を拓く会(東明会) 055−228−8843

お願い・・警備の関係等もあり、ご出席頂けます方は事前に上記へご連絡を願います。

2007/11/18

12/8 長妻昭氏を招き「坂口たけひろ活動報告会」

 

とき 2007年12月8日(土曜日)午後6時30分より受付開始、午後7時〜9時を予定
ところ笛吹市石和町「ホテル石庭・1階バンケットホール白鳳」
会費 3,000円(当日は軽食を用意させて頂きます)

弁士 長妻 昭 衆議院議員 演題「年金犯罪が生活を破壊する」

問合せ先 民主党山梨県第2区総支部 坂口 岳洋 0554−23−1711


2007/11/17

衆議院選挙対策本部を設置(第69回幹事会)

 

11月17日午後2時より開催された、県連第69回幹事会は、冒頭、後藤ひとし衆議院議員・米長はるのぶ参議院議員より、先の小沢一郎代表の辞意表明以降の経過・背景などを含めたあいさつの後、諸報告・議事に入り、衆議院選挙対策では、選挙対策委員会からのこれまでの取り組み経過とともに「県連・選挙対策本部」設置に向けた報告・提案が行われ、具体的対応のありかた、連合山梨との調整会議の設置、各選挙区の選対確立を急ぐなど補強意見を踏まえ「民主党山梨・第45回衆議院議員選挙対策本部」の設置が確認された。

又、明年2月16日の県連大会開催に向けた準備スケジュール等の確認、参議院第2総支部
からの役員の追加(幹事・選挙対策委員会委員)の承認、前回持ち越しとなった終身刑創設の署名活動の取り組みなどが確認決定された。

民主党山梨・第45回衆議院議員選挙対策本部
 顧   問  輿石 東(党本部代表代行)
 選対本部長  米長はるのぶ(参議院議員)
 選対副本部長 竹越 久高(県連代表代行・県議)
 幹 事 長  樋口 雄一(県連幹事長・県議)
 事務局長   金丸 直道(県連副代表・県議)
 副事務局長  大森 哲男(県連副幹事長)

  1区選対・党責任者 樋口 雄一
  2区選対・党責任者 竹越 久高
  3区選対・党責任者 金丸 直道
  比例選対・責任者  大森 哲男

2007/11/17

解散総選挙に向け第1回選挙対策委員会を開催

 

県連は、11月17日午後1時より甲府・ニュー芙蓉において選挙対策委員会を開催した。
県連の常設選対委員会(委員長・金丸直道副代表)は、9月に開催した第67回幹事会での
確認に基づき、友誼団体等との意見交換・打合せを進めて来たが、13日に党本部において「衆議院選挙対策本部」が立ち上げられた事を受け、顧問に輿石東党本部代表代行、選挙対策本部長に米長はるのぶ参議院議員を中心に、1区・2区・3区・比例の4選対との
連携を図る体制を確認、午後2時からの県連第69回幹事会に報告・提案する事とした。

2007/10/22 (月)

2007年度民主党南関東自治体議員フォーラムが開催されます。

 

 先に開催された「2007年度民主党 全国 自治体議員フォーラム」には山梨より5名が
参加をしましたが、今般、参院選の関係で延期されていた「南関東自治体議員フォーラム」が開催されます。(今年度は千葉県連が担当)

 このフォーラムは民主党所属議員だけでなく、日常的連携を取って頂ける自治体議員の皆様にも参加して頂き、民主党の政策・方針の理解を深めると共に、南関東ブロックにおける連携・交流を図る為のものです、多数自治体議員の参加をお待ちしております

開催日時 2007年11月11日(日曜日)午後2時より、5時半より懇親会を予定・・日帰り

開催場所 千葉市中央区「三井ガーデンホテル」3階 平安の間

 講演@ 「政権交代の実現に向けて」・・党・幹部

   A 「政権交代の意義と課題」・・・森田 朗(東大大学院長)


 申込みは山梨県連まで!! 

2007/10/22 (月)

党員・サポーターの皆さま、訪中団に参加しませんか

 

 民主党では日中国交正常化35周年を記念して、小沢一郎代表を団長とする1000名の
訪中団を編成し、12月6日〜9日の日程で中国の北京・西安を訪問します。
 民主党と中国共産党で構成する「日中交流協議機構」と小沢代表が1989年から取り組んで来た「大長城計画」の共同事業です。
 目玉は、人民大会堂での中国首脳(級)との記念撮影や中国側主催の歓迎夕食会、又
釣魚台国賓館での日本側主催の答礼夕食会などがあります。
 尚、万里の長城やオリンピック施設・経済特区などの視察も組まれております。

参加費は北京コース(3泊4日)が208,000円
    西安コース(4泊5日)が268,000円からです。締切り=11月5日です。

 詳しくは、https://biz.knt.co.jp/koryu1206/ をご覧下さい。

 民主党山梨県連にも資料・申込書が用意されております。

2007/10/11 (木)

第69回県連幹事会を開催します。

 

第69回県連幹事会を下記により開催します。

  とき 2007年11月17日(土)午後2時〜

  ところ 甲府・ニュー芙蓉(甲府市塩部三丁目)

2007/10/6

第68回県連幹事会報告

 

10月6日(土)14時から甲府市の「リバース和戸」において第68回県連幹事会を開催しました。
5日に党本部で開催された「全国幹事長・選挙責任者会議」の報告を受け、衆議院の早期解散総選挙を想定して、県連としての「選挙対策本部」を設置し、協力団体などとの協議を開始することを決定しました。

また、2004年5月27日、イタリア・スイス国籍のストッキ・アルベルト氏方で妻子2名が焼死させらたという事件がありました。宮崎地方検察庁はこの事件に関し無期懲役を求刑し、宮崎地方裁判所は無期懲役を宣告しました。被告人は刑務所服役歴のある者でした。
この事件に関して、遺族ストッキ・アルベルト氏は被告人に対し死刑判決が出るものと考えており、犯人の前科及び犯行態様が計画的犯行である等から「刑務所から一生出られない刑」と表現して、検察官・裁判官に供述し極刑を求めていました。日本の無期懲役制度では、犯人はいつかまた社会に戻れる制度でしかないからです。
アルベルト氏は、法務大臣に対して遺族として以下の刑罰法制度の整備を要請しています。
・死刑と無期懲役刑との選択に関して安易に無期懲役を選択する現行実務を改めること
・現行実務を想定する場合の矛盾解消方法として、仮出獄制度の適用のない無期懲役刑、絶対終身刑の創設がなされること
・刑務所服役歴のある者に対する再犯防止の対策(地域への警護)を制度的に創設すること

民主党県連にも、この要請に関する署名活動の要請をいただき、幹事会として協議いたしましたが、軽率に行動に移すのではなく国会議員を通して党としてのこの問題に関する考えを聞き、次回の幹事会で結論を出すこととしました。

なお、次回「第69回県連幹事会」は11月17日(土)開催予定です。(時間と会場は未定)

2007/9/25 (火)

第68回県連幹事会を開催します

 

 安倍首相の辞意表明以降の政治空白を経て、国民の信を得ていない政権が誕生しました、民主党は一刻も早く解散・総選挙を行うべきと訴えており、早急な体制確立が求められおります。10月5日開催の全国幹事長・選挙責任者会議の報告等と併せ、下記により第68回幹事会を開催します。

  と き  平成19年10月6日(土)14:00〜

  ところ  リバース和戸(甲府市川田町)

2007/9/1(土)

第67回幹事会、次期解散総選挙に向け始動

 

 甲府市内、ニュー芙蓉で開催された第67回幹事会は、今後の具体的取り組み等について協議を行い、次期解散総選挙に向けた体制作りを提起・確認し、始動した。

 次期解散総選挙に向けた対応としては、@県連常設の選挙対策委員会(金丸直道委員長)による総選挙に向けた県連体制について検討を開始する。A衆議院1区・2区・3区の各総支部での体制確立に向けた具体的取り組みを開始する。
 又、年内の街頭宣伝活動計画も提案され、土・日・祝日を各総支部・国会議員を中心に地域宣伝活動を行う事とし、県議・市議・町議との連携のもと取り組む事とした。
 尚、平日については地元県議・市議・町議と県連役員によりテープを活用しながらの街頭宣伝活動を展開する事とした。

 これをうけ、小沢鋭仁県連代表より「次期衆議院議員選挙は今日の国会情勢からして早ければ11月とも言われる。今日の幹事会をもって次期衆院選への戦いのスタートにしたい」とのあいさつが行われた。

2007/9/5

第21回参議院議員選挙・中間総括(案)

 

第21回参議院議員選挙中間総括(案)

                           民主党山梨県総支部連合会

 この中間総括は、先の第66回幹事会に提示した「タタキ台」に対する幹事会で出された意見・指摘、その後頂いた指摘を加味し、中間総括(案)としたもので、最終的な総括は明年の第9回県連大会で行う事としております。


はじめに

 第21回参議院議員選挙は、小泉政権から安倍政権と引き継がれた「自公独裁政治」に歯止めをかけ、参議院における与野党逆転により次期総選挙での政権交代を展望し、
国民の手に政治を取り戻すとともに、「二大政党制」への足がかりとなる重要な選挙として位置づけられた戦いでありました。
 民主党は小沢一郎代表を先頭に「生活が第一」「政治とは生活である」をスローガンに格差是正・年金問題への対応などを前面に押し出し、特に、全国29の一人区の勝敗が与野党逆転の鍵となるとして、山梨県をはじめとした一人区対策が強化されました。
 山梨においては、昨年8月末にフジテレビ報道記者であった「米長晴信」氏を擁立決定し、小沢一郎代表同席のもと発表が行われ、今年2月段階において民主党公認候補として決定、(野党統一候補の模索の関係で公認決定が遅れた)民主党山梨県参議院第2総支部を設立し具体的取り組みが開始されました。
 以降、統一自治体選挙への対応等があり、4月下旬からの本格的な活動となりましたが、消えた年金問題への民主党の粘り強い追及の結果としての国民世論の高まりや、自民党のその場しのぎの年金問題への対応、閣僚からの不適切発言、事務所費問題など「民主党」への追い風にも支えられ、又、連合山梨による全面的な支援体制の中で戦い抜かれました。
 結果は、山梨選挙区においては「米長はるのぶ」候補が圧勝をし、山梨における参議院の議席を輿石東氏とともに民主党が独占するという快挙を達成、全国的に選挙区40議席、比例代表20議席で60名が当選、改選議席32を倍増させ、非改選議席49とあわせ109議席を確保し、参議院における第一党に躍進、与野党逆転を実現することが出来ました。
 しかし、今回の選挙は自民党に反省を促すとの側面もあり、今回民主党に寄せられた有権者の期待にどう応えていくのかが問われます。
 民主党山梨としては、4名の国会議員、5総支部の連携と党員・サポーターの積極的な日常活動への参画により、政策宣伝活動・街頭宣伝活動を強化し、次期解散総選挙に向けた党勢拡大・体制強化を早急に図る必要があります。

評価と課題

(1)山梨選挙区
 
@ 「米長はるのぶ」氏は昨年8月28日の擁立決定以降、9月よりJR中央線の小淵沢駅から大月駅までの県内各駅で早朝あいさつ活動(約4巡)を展開、又、フジテレビ報道記者のスキルを生かした県内諸課題の取材・調査活動「山梨の現場を生中継」でその存在を県民にアピールし、知名度のアップを図り、更には「はるのぶが聞く一番の関心は」とのフリップを用いた街頭1000人アンケートを実施し、その結果を政策に反映させた事は評価できる。
   
A 昨年12月に出身地・増穂町で後援会を立ち上げ、県内の経済界による支援組織の取り組みにより、保守層にも幅広く理解を得られたことは大きな成果を挙げる原動力となった。

B 1月の県知事選挙から4月の統一自治体選挙まで各種選挙戦が戦われた事から取り組みの遅れが懸念されたが、市町村議会議員選挙の投票日翌日には甲府市上阿原に事務所を開設し、5月からの常駐体制により連合山梨・米長事務所・各国会議員事務所・民主党県連の集中的対応で5月11日には総合選挙対策本部の結成総会に漕ぎ着け、以降、5月18日には選対本部事務所を拡大開設、さらに県下に16支部と増穂選対が設置され、体制確立された事はまさに勝利の原動力となり、各地域における取り組みに敬意を表したい。
 又、党所属自治体議員をはじめ、友誼議員、増穂町議会議員による支援体制も特筆されるものがあり、感謝の意を表したい。

C 演説会告知ポスター(2連ポスター)は当初500枚が用意され、最終的には3000枚を追加、各支部の協力で掲出されたが、両面テープの問題などは今後留意するべき点である。

D 総合選対本部への民主党からの専従派遣は、総務局長・広報宣伝局長の2名をり、米長事務所と連合山梨派遣役員、各国会議員事務所派遣者により戦術面をはじめとした対応が行われたが、具体的取り組みにあたっては連合選対に負う部分が多く、実務での連合への依存度を低くすることが今後の課題といえる。

E 事務所作業に対応するため、民主党幹事による選対本部事務所当番を設定(6月4日〜7月28日)、それぞれの地域支部での取り組み等もある中で協力を得た。又、諸作業等において各国会議員の女性組織に大きな協力を頂いた。

F 公示前の政治活動としての街頭宣伝活動は、早朝街頭宣伝と日中の地域宣伝活動が行われ、民主党としては弁士等での参加を行ない、運行にあたっては総合選対としての連合の全面的協力で取り組まれた。

G 各支部との対応については、県下16支部(増穂選対除く)を各衆議院選挙区を単位に各総支部事務所が窓口となり対応を行った。一部連携面で不十分さが見られた場面もあったが、各事務所で多くの任を負って頂いた。

H 総体的には、県選出国会議員、自治体議員が総合選対本部としての取り組みをい、各幹事役員は総合選対への協力とともに、地域支部で米長必勝に向けた各種活動を担い、最良の結果が得られた事は評価しあいたい。

(2)比例代表

@ 民主党本部は候補者35名を擁立したが、今回はブロック重点候補制が導入されなかった事から、基本は政党名「民主党」とし、それぞれの立場での「個人名」対応を併せ取り組むことで対応を図って来た。この事で、産別候補を抱える連合山梨との連携がスムースに図られた。

A 政治活動用(流れ込み)ポスターの到着が遅れた事から、本番・法定ポスターとの関係で混乱が見られ、又、台風4号の影響で2連ポスターへの本番ポスターのかぶせ掲出が若干遅れた。指示の徹底面での課題としたい。

B 民主党法定ポスター2100枚の裏打ち作業は連合山梨にお願いをし、掲出については米長選対の県下16支部で対応を行い、一部掲出場所の問題も見られたが、全て消化された。(山梨1人区が重点区であった事から通常より800枚多い法定ポスターが送付された。)

C 「確認団体」としての街頭宣伝活動は、7月12日(公示日)午後から28日(最終日)まで行い、選挙区とリンクさせながら「民主党」の政策宣伝を行い各地域でかってない激励を受けるなど、民主党躍進の一翼を担う事が出来た。

D 比例開票立会い人は、選挙区開票立会い人と併せ、米長選対各支部で市町村毎に選出をお願いし、10市3町1村の14名が各開票所で対応を頂いた。
 今後の対応としては党ベースでの人数の確保と連絡ルートなど明確な周知・徹底が必要。

E 今回の本部「政策チラシ」は23種類が発行されたが、山梨的には内容を精査し、11種類の必要枚数を発注。又、問い合わせが多かった点として、似たようなビラで判断がつかないものやどれが選挙運動用政策パンフか政治活動用パンフか政治活動用ビラか地域で判断が付かなかった点が挙げられる。扱いによっては違反文書となる恐れもあり、本部に注文をつける必要がある。

F 本部のテレビコマーシャル「難破船」は不評で合ったが、「生活が第一」は好評で成果があった。本部は内容を精査してもらいたい。

G 民主党確認団体車で選挙カーの逆ルート(重複しないルート)を運行し、街頭演説などを行った事から時間が不足し、十分に地域を回りきれず、入れなかった地域が生じた、きめ細かい計画が必要。【当初計画の巡回ルートに、応援の国会議員の街頭演説が随時入った事から予定地域を回りきれない状況が生じたが、この応援演説も大きな効果があった。】

H 小沢一郎代表が率先して地域へ入り、真剣に取り組んだ成果として大きく評価出来る。

I 比例候補者の個人ポスターの掲出について、県連として掲出者が把握されていない候補者もあり、選挙管理委員会等から民主党に警告がされても、撤去等の連絡が出ず、県連が対応、各総支部の協力を得て撤去を行ったが、今後の課題として本部にも注文を付けたい。

2007/9/1

参議院第2総支部(米長はるのぶ事務所)が移転しました

 

 参院選後、民主党山梨県連事務所に仮移転しておりました、参議院第2総支部(米長
はるのぶ事務所)は9月1日、下記に事務所を移転しました。
 尚、事務所開所式は別途行う事としております。

 住所 山梨県甲府市丸の内3−32−14 はくばくビル1階

 電話 055−223−7890(以前と変わりません)

 FAX 055−223−7891(変更になりました)

2007/9/4 (火)

参議院選における違法文書を告発

 

 9月3日、民主党山梨県連総務局長名において添付の告発状をもって先の参議院選挙における「公職選挙法」違反を山梨県警(捜査2課)に告発いたしました。


告発状
山梨県警察本部 御中
平成19年9月3日

被告発人                 告発人
住所、氏名不詳              甲府市相生1-1-21清田法律事務所3F
                          民主党山梨県総支部連合会
総務局長 山ア 光世
第1.告発の趣旨
被告発人は、平成17年7月12日公示、同年7月29日投票の第21回参議院議員選挙において、別添文書である法定外の公職選挙法142条違反文書を、第三選挙区ほぼ全戸に、配達地域指定郵便にて配付した。被告発人のこの行為は、公職選挙法第243条第1項3号に該当する行為であるので、被告発人を厳重に処分されたく告発する次第である。
第2.告発の要点
1.第21回参議院議員選挙は、年金問題や議員事務所経費問題、閣僚の失言などもあり、後半戦で自民党が劣勢であると、マスコミ報道機関で報道されるようになった。これを一挙に挽回するべく、被告発人は第三選挙区ほぼ全戸に違法文書を配付するという考えに至った。
2.第三選挙区全戸に配付する理由として、三区は横内正明知事の支持者が多く存在する地域である。そこで横内正明氏が自民党籍にあることを利用して、入倉氏が表敬訪問した際に撮影された写真を利用し、知事は入倉氏、米長氏の一方を支援することはないと表明しているにも関わらず、あたかも入倉氏が知事に支持を受けているがごとくに理解されるような写真と文書を掲載した。
(民主党で、中国訪問中の横内知事に問い合わせたところ、この文書配付については承知していないというコメントあり)
また、第三区は中部横断道路に関心が高い地域である。中部横断自動車道新直轄方式区間の県負担額軽減実現は横内知事の第1の公約であった。知事の努力はもちろんであるが、民主党国会議員による実現への多大な努力貢献があったのも事実である。にもかかわらず、自民党議員のみの活動であるととられるような文面を記載した。これらは、第三選挙区の票の獲得を目的としたものと考えられる。
3.この文書は自民党名で印刷してあるのにもかかわらず、発信人はすでに死亡している元自民党員の住所である。これは公示後に発送できる文書に違反するのみであらず、発信人を隠し、書面内容も選挙人の誤認を誘導させる確信的な詐欺行為である。
4.これらの行為は、今回の参議院議員選挙のみでなく、次回行われるであろう衆議院議員総選挙において民主党に著しい不利益をもたらすものである。したがって厳正なる捜査をお願いしたく存じます。

2007/8/9 (木)

第66回県連幹事会

 

第66回県連幹事会を下記の通り開催します。

と き 8月11日(土)16時から
ところ ベルクラシック甲府

2007/7/30

参議院選挙、ありがとうございました

 

昨日投開票の行われた第21回参議院議員選挙、皆様のご支援を大きくいただき、選挙区における「米長晴信」の242,586票、比例代表における県内第1党(195,294票)を得ることができました。
ご支援いただいた皆様に心から御礼申し上げます。

これからも、風だよりの選挙ではなく、国民のご支援の風を自ら起こせるように国会議員をはじめ自治体議員も努力いたします。

変わらぬご支援をお願いいたします。

2007/4/26 (木)

ご支援ありがとうございました!!

 

この度の統一自治体選挙において民主党が公認・推薦しました候補への皆様からのご支援に心から感謝申し上げます。
◎ 県議選の公認の3名・・・当選
甲府市選挙区・樋口雄一、山梨市選挙区・竹越久高、南アルプス市選挙区・金丸直道(現職)
◎ 県議選の推薦の3名・・・当選
甲斐市選挙区・木村富貴子、北杜市選挙区・進藤純世、中央市中巨摩郡選挙区・鷹野一雄
◎ 甲府市議会議員選の2名・・・当選
佐藤茂樹と飯島脩
◎ 都留市議会議員選の1名・・・次点
梶原清

2007/4/26 (木)

米長晴信事務所が移転しました

 

参議院選の候補(予定)者である米長晴信氏の事務所が、民主党山梨県連事務所から下記に移転しました。なお、選挙事務所も同地に開設の予定です。
〒400-0814 甲府市上阿原町1094-1 
Mail info@harunobu.net
055-226-1113  
FAX 055-226-1114

2007/4/26 (木)

訃報

 

民主党山梨県連の顧問(民主党山梨県第2区総支部長)坂口岳洋氏の義父(奥様のお父様)中浦暎二様(満65歳)が4月24日にお亡くなりになりました。
謹んで哀悼の意を表します。

 なお、ご葬儀の日程は下記の通りです。(喪主は、奥様・中浦良子様)
・通 夜 4月26日(木)18時より
・告別式 4月27日(金)12時より
共に式場は「育成館」  
(東京都杉並区和田1-15-9   03-5341-1770)

 民主党山梨県連の相談役である土屋要様(享年93歳)が4月24日ご逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。
 なお、ご葬儀の日程は下記の通りです。(喪主は、ご長男・土屋洋氏)
・通 夜 4月26日(木)18時より
・告別式 4月27日(金)13時より
共に式場は「アピオキャピタルセレモニーホール」(甲府市横根町705)


2007/4/19

伊藤一長・長崎市長のご冥福をお祈り申し上げます

 

伊藤一長・長崎市長が拳銃で襲撃されたことに言葉を失った。
現在のところ、動機や背景などは明らかではないが、選挙中の候補者に対する考えられない事件であり、いかなる理由であれ、このような卑劣な凶行を断じて許すことはできない。

2007/4/16 (月)

市議会議員選挙のお願い

 

統一自治体選挙の後半戦は4月22日に投開票です。県連では次の候補者をそれぞれ推薦しております。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

甲府市議会議員選・佐藤茂樹(現)と飯島脩(新)

都留市議会議員選・梶原清(現)

2007/4/14

第62回県連幹事会報告

 

4月14日(土)、第62回県連幹事会を開催しました。

統一自治体選挙の前半戦となった県議会議員選挙の報告、後半戦の甲府市議会議員選・都留市議会議員選への取り組みについての協議を行いました。

また、幹事会開催前に行われた「第1回参議院選企画会議」の報告を受け、県連が一丸となって参議院選に取り組むことが再確認されました。

なお、次回「第63回県連幹事会」は5月11日20時から「アピオ昭和」にて開催予定。

2007/4/8

ご支援ありがとうございました!

 

山梨県議会議員選挙、皆様のご支援に感謝申し上げます。

公認候補
竹越久高(山梨市)、金丸直道(南アルプス市)、樋口雄一(甲府市)

推薦候補
鷹野一雄(中央市・中巨摩郡)、木村富貴子(甲斐市)、進藤純世(北杜市)

公認・推薦候補全員の当選を果たすことができたことに重ねて感謝申し上げます。

2007/3/30 (金)

第21回参議院選・企画会議を開催します

 

と き 4月14日(土) 13時から
ところ リバース和戸(甲府市)

2007/3/3 (土)

統一自治体選の候補者紹介

 

県議選、公認は次の3名

甲府市選挙区・樋口雄一(現職)
山梨市選挙区・竹越久高(現職)
南アルプス市選挙区・金丸直道(現職)

県議選の推薦は次の3名

甲斐市選挙区・木村富貴子(現職)
北杜市選挙区・進藤純世(現職)
中央市中巨摩郡選挙区・鷹野一雄(新人)

甲府市議会議員選は次の2名
佐藤茂樹(現職)と飯島脩(新人)

都留市議会議員選は次の1名
梶原清(現職)

皆様のご支援をお願いいたします!

2007/3/3 (土)

第61回県連幹事会報告

 

民主党山梨県連は本日第61回幹事会を開催しました。

春の統一自治体選挙については、「統一自治体選・選対本部」を設置しました。
役員は、最高顧問に輿石東、本部長に小沢鋭仁、副本部長に坂口岳洋と米長晴信、幹事長に後藤斎、事務局長に山崎光世、選対委員は県連幹事全員。

また、参議院選については「第21回参議院選企画会議」と「第21回参議院選実務者会議」を設置しました。

なお、次回幹事会は4月14日(土)14時から「リバース和戸」にて開催します。

2007/2/17

第8回県連大会を開催

 

第8回山梨県連定期大会を2月17日(土)14時から甲府市の「岡島ローヤル会館」において開催しました。
党本部を代表して鳩山由紀夫幹事長、ご来賓として宮島雅展甲府市長様、渡辺一彦連合山梨会長様のご臨席をいただき盛会に開催できました。党員・サポーターをはじめ民主党をご支援くださる皆様に感謝申し上げます。
2006年度の活動報告と決算報告、2007年度の活動方針案と予算案、それぞれが満場一致で承認されました。

また、2月13日に党本部の公認となった参議院議員選挙候補(予定者)米長晴信氏を「民主党山梨県参議院選挙区第2総支部」の総支部長就任(第60回県連幹事会において決定)を報告いたしました。

2007/1/14

中央市議会議員選挙

 

本日告示されました、中央市議会議員選挙に次の二人を民主党は推薦いたしました。県知事選の推薦候補(現職の)山本栄彦氏、甲府市長選の推薦候補(現職の)宮島雅展氏と共にご支援をお願い申し上げます。

河西健二氏・関 敦隆氏(共に現職・県連幹事)

 

全33件 | ページ間移動→[ ]

MiniBBS-EX 1.30
Copyright c 2018 Democratic Party for the People All Rights Reserved.
国民民主党山梨県総支部連合会
甲府市相生1-1-21
TEL 055-228-4450 FAX 055-228-4039